デヒューマナイザー・スタンダローンはPro Toolsで使用できますか? 知識ベースに戻る

Pro ToolsでのDehumaniserの使い方は簡単です。クイックガイドに沿ってプロジェクトを設定するだけです。

Mac OSX用。

  • ダウンロードとインストール サウンドフラワー
  • Audio/MIDI Setupで、オーディオインターフェース(例えばMbox 2 Pro)とSoundflower(2 ch)で構成されたアグリゲートデバイスを作成し、入力としてSoundflowerを選択し、出力としてサウンドインターフェースを選択したことを確認します。
  • Mac > システム環境設定 > サウンドで、「出力」をSoundflower (2ch)に設定します。これにより、システムオーディオは強制的にSoundflower
  • Dehumaniserでは、オーディオ設定を開き、オーディオインターフェイス出力のSoundflower (2ch)を選択します。
  • Pro Toolsで、プレイバックエンジンを作成したアグリゲートデバイスに設定します。
  • Pro Tools > Setup > I/O > Input で、必要に応じてインプットの名前を変更します。Default" をクリックすると、以下のような効果があります。
  • Pro ToolsでオーディオまたはAuxトラックを作成し、Soundflower入力を選択します。
  • Dehumaniserをオンにして、Pro Toolsでトラックを録音可能にすると、オーディオが聞こえてくるはずです。
  • ForPro Tools HDまたはTDMを使用することができます。 JKパイプ を確認するか ソースネクサス

Windowsの場合。

  • Jack Audioをダウンロードしてインストールする こちら
  • クリック こちら ジャックを設定するために
  • DehumaniserとProツールの両方を開く
  • Dehumaniserで "Settings" > "Audio Settings "を選択し、オーディオドライバに "JackRouter "を選択してください。
  • Proツールでオーディオドライバとして "JackRouter "を選択します。
  • Jack PortAudio "を開き、"Jack Control "を開きます。
  • Jack Control」パネルで「connection」ボタンを押します。
  • さて、Dehumaniserのout1とout2がそれぞれPro Toolsのin1とin2に接続するように接続します。
  • 新しいステレオオーディオトラックを作成します。

もし、お使いのシステムでJackaudioが動作しない場合は、VB-audioケーブルを試してみてください。 遣ってみる

関連記事

他にご質問はありますか?